読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芋虫の如く

YBR250でどこかに行ったり、たまにサバゲーも行きます。

オイル交換実施

バイク

2017年は去年よりも走行距離が増えるだろう…ということで消耗品の類の消費も増える。

資金的に潤沢、というわけではないのでできそうな整備は自分でやって行こう。こういう作業好きだしな。

交換時の走行距離は15872km。前回交換時から3410km走ったことになる。

 

f:id:yujaaran:20170312002039j:plain

右から

工具セット

ソケットアダプタ

ドレンワッシャー

オイル(motul 3100 gold 4T)

・廃油処理箱

ホムセン箱の中に・トルクレンチ

オイルは2りんかんで量り売りされていたものの最安値のもの。

と言ってもヤマルーブとamazon価格はそんなに変わらないし粘度が同じだから大丈夫でしょ。

 

f:id:yujaaran:20170312002040j:plain

とりあえずドレンボルトを外す。YBR250は17mmだ。

どちらに回せば緩むのかわからなくなるのでペットボトルを上下さかさまにして開く方向を確かめつつ作業。

 

f:id:yujaaran:20170312002042j:plain

オイルが抜けるのを待つ間にドレンボルトを拭き掃除。

YSPが取り付けていたのは銅ワッシャー。初回交換もYSPに頼んだのでYBR250の純正品なのかはわからない。

 

f:id:yujaaran:20170312002043j:plain

f:id:yujaaran:20170312002044j:plain

2Nm~24Nmの間で締めることができるトルクレンチ。

ソケットが6.5㎜なので9.5㎜に変換するアダプターがいるぞ。

セローとほぼ同じエンジンを使うのでドレンボルト締め付けトルクも同じ20Nm。

 

f:id:yujaaran:20170312002045j:plain

オイルを入れる。

セローはオイルのみ交換なら1.2lだがYBR250はオイルクーラーがある分1.35L、フィルターも交換するなら1.45L必要だ。今回はオイル交換のみなので1.4L準備した。

 

f:id:yujaaran:20170312002041j:plain

よく見るとギヤっぽいものが見えるのでそれにかかるぐらいが元々あった位置だ。

f:id:yujaaran:20170312233016j:plain

 

無事に交換が終わったが今のところ滲み等はない。

費用としては

オイル1.4L 1542円

オイル量り売り容器 390円

ドレンワッシャ(3枚入り) 324円

合計2224円だ。

因みにYSPだと

オイル1.3L 2597円

ドレンワッシャ 227円

工賃 時価

まぁプロの仕事+メーカー正規価格ならこんなもんか。

奥多摩に行ってきた。

バイク ツーリング

5月頭、バイト先の先輩と奥多摩に行こう!と話した。で、決行が2017年2月26日。10か月越しの計画である。

経路については「八千代の道の駅国道16号奥多摩」というガバルートなので地図は割愛。

 

0900、道の駅に集合。

f:id:yujaaran:20170228232404j:plain

f:id:yujaaran:20170228232405j:plain

先輩が乗っているのはフュージョン。ステッカー貼ってるぐらいで綺麗に乗っている印象。

今回は前のバイクの時に使っていた中華アクションカムを無理やり右ミラーにくっつけて車載を撮ってみた。

…防水ハウジングかクリップ部分なのかビビり音がひどくて使えないな。XTCあたりに買い替えようか。

 

道中の画像は無い

なんせ先輩が下道でいこうぜ!というので奥多摩までほぼノンストップだ。

後で気づいたことだが東京マラソンが開催されていたため首都高を抜けようとすると渋滞につかまっていたのではないかと予想。結果オーライだ。

あ、アクションカムの切り抜きで気になったのはこれだな。

f:id:yujaaran:20170228232416p:plain

画像左に黄色いバイクがあるがkawasaki & bajajのパルサー200NSだ。

単気筒200ccエンジンでキャブ仕様、排ガス規制突破のためにプラグを3本使う面白エンジンで23PSをたたき出す興味深いバイク。

f:id:yujaaran:20170301223647p:plain

インド本国だと黄色は設定されてないのね。

 

f:id:yujaaran:20170228232406j:plain

4時間ほど走って奥多摩駅に到着。

先輩が奥多摩で見たかったものがこの駅舎らしい。

自身は山岳部だったので何度か電車で来ていて見覚えがある。…2階あったんだな。

 

f:id:yujaaran:20170228232407j:plain

f:id:yujaaran:20170228232408j:plain

とりあえず奥多摩湖を目指し前進。

この写真は展望台近くの駐車場だったか。

 

f:id:yujaaran:20170228232409j:plain

奥多摩駅に着いたときに昼飯(当時14時半)をどうするか…と相談した結果奥多摩湖沿いにあるラーメン屋(のんきや)にすることになった。

ちなみにこの駐車場、画面左側の道路がすぐカーブになっていて見通しが悪い。注意しよう。

f:id:yujaaran:20170228232410j:plain

最近はやりのフォトジェニック系男子。今回の記事にはあと2回食物が出ます。

中華そば(醤油)とギョーザで1050円。

なんというか…獣っぽい味。スゲーワイルド。

 

f:id:yujaaran:20170228232411j:plain

とりあえず東京都⇔山梨県の境まで行ってみた。

山梨側にちょっと行ったところで素泊まり宿があったのでそこでUターン。

…男性おひとり食事つき7000円はいいな…

 

f:id:yujaaran:20170228232417p:plain

帰りの切り抜き画像。

Uターンする経路なので奥多摩周遊道路はまたの機会にしよう。

 

f:id:yujaaran:20170228232412j:plain

途中、お土産としてへそまんじゅうを購入。

せっかくなので出来立てを追加購入…粒あんぎっしりでおいしい!

f:id:yujaaran:20170228232413j:plain

店名は失念。

 

f:id:yujaaran:20170228232414j:plain

来た道をそのまま走り続け、解散場所の千葉国道16号沿いのコンビニに着いた時には20時半を回っていた。

一日走るとやっぱり充実するな!

 

先輩と解散して帰るか、というところで自分以外の家族が外食に行ったことが判明、適当に晩飯をとることになった。

f:id:yujaaran:20170228232415j:plain

サイゼリヤだとだいたいピザ+肉の組み合わせになるな…

コミネ AK-326 を試す。

インプレ

と言って試したのは12月末の事です。

 

高速道路などで車両の故障の際設置が義務付けられている停止表示板、こいつをバイクに積んでおきたい。

バイク用」とされているものでも普段から積んでおくには少し大きい…というときにこれだ。

f:id:yujaaran:20170210231903j:plain

コミネ AK-326

バイクが停まっているときにヘルメットは使わないのでそのヘルメットにカバーをかぶせて表示板にする、というもの。

実際どれぐらい光るのか見てみよう。

 

f:id:yujaaran:20170210232057j:plain

暗くなってから実験。

 

f:id:yujaaran:20170210232017j:plain

地面に置いて…

f:id:yujaaran:20170210232022j:plain

フラッシュ焚いて撮るとこうなる。

 

歩測で100mをとってみる…後で気づいたが一般道は白線5m、その間隔が5mで表示されているのでそれを参考にすればよかったな…

白線を数えてみたらだいたい100mっぽいしまだ歩測の感覚は錆ついて無さそうだ。

f:id:yujaaran:20170210232217j:plain

設置、照明無し。

よくよく見るとおいてあるなーってレベル。

f:id:yujaaran:20170210232247j:plain

ロービーム。

ロービームが届いていないのか見えぐらいはさっきと変わらない。

f:id:yujaaran:20170210232306j:plain

ハイビーム。

光が届いたのか、反射して見える。

 

YBR250のヘッドライトは12V35W/35W白熱球なので暗い。それでこれだけ反射するなら大丈夫でしょ。

自衛隊車両装甲車インプレ

 今回は装甲車編、と言っても運転したのは2機種。

同乗とかなら結構あったんだけどね…

 

74式戦車

f:id:yujaaran:20170202215742j:plain

通称「ナナヨン」

諸元

[乗員]4人
[全備重量]約38t
[全長]9.41m
[全幅]3.18m
[全高]2.25m(砲塔上面まで標準姿勢)
[旋回性能]超信地
[最高速度]53km/h
[エンジン]
空冷2サイクル10気筒
ディーゼル機関
720ps/2,200rpm
[武装]
105mm戦車砲
12.7mm重機関銃
74式車載7.62mm機関銃
[開発]防衛庁技術研究本部
[製作]
・砲塔,車体:三菱重工業
・105mm砲:日本製鋼所

105mm戦車砲を搭載し、レーザ測遠機、弾道計算機、砲安定装置等を持ち、正確・迅速な射撃ができる。空冷ディーゼルエンジンおよび姿勢変換のできる油気圧懸架装置を持ち、路上および路外走行性能に優れ、また、潜水渡渉も可能。低姿勢であり、優れた防護力を有する。

 

自衛隊に入ると3か月の初級教育を受けたのち配属先が決定、配属先に必要な専門技能を身に着けるために後期教育を受けるが機甲化に入るとそこで大型特殊免許を取ることになる。

74式は「教習車」である。

セミオートマなので発進、停止時のみクラッチ操作がいる。

エンジンをかけるとうるさくて会話できないのでヘッドセットに取り付けられた通話機で車内の会話を行う。鼻息が荒いと鼻息を拾う。

クーラーはないので夏場閉め切って訓練したら死ぬ。風を取り込む機構なんかないのでハッチを開けていても死ぬ。

舗装路を走るためにゴムの貼り付けられた履帯、通称「ゴム履帯」がある。

駐屯地内に設けられた教習所で各種教練(クランクとか左右の確認とか)を行うが左ハンドル&砲塔が邪魔で視界が非常に悪い。まぁ実際に使う(意味深)時はハッチ閉めて脇道なんか何のそので動くから問題ないといえば問題ない。

普通の車であれば助手席に教官が乗るがそもそも助手席がないので砲塔を後ろに向けて固定、適当に命綱をつないで操縦手席の後ろの屋根の上に乗るストロングスタイルを余儀なくされる。いいか、教官が嫌いだからって時速50kmから5mも無く止まれる殺人ブレーキをするんじゃないぞ、絶対だぞ!

日本の国土向けに作られた戦車(90式は某北国の戦車と殴り合うのが目的)なので非常に小回りが利く。車体+左右20㎝しかないポールの間をペーペーの隊員でも通せるレベル。

教習中、ポール代わりに設置されたコンクリブロックを踏み潰すも全く気付かない。結果、教習所には砕け散ったブロックが散乱することになる。

メーターがすっごいゆらゆら揺れるタイプの針だった気がするがどうだったっけ…?教習所の短い道路でも40km/hまであっさり加速できる。

 

軽装甲機動車

f:id:yujaaran:20170202215750j:plain

通称「LAV」「ライトアーマー」

諸元

[乗員]4人
[空車重量]約4.5t
[全長]4.4m
[全幅]2.04m
[全高]1.85m
[最高速度]100km/h
[開発]防衛庁技術研究本部
[製作]小松製作所

主として普通科部隊などに装備し、戦略機動および戦場機動などに使用される。固有の搭載火器はないが、普通科部隊などが装備する、5.56mm機関銃の車載射撃および軽対戦車誘導弾の車上射撃が可能である。

 

1万㎞程運転した車両。

この車両一番の功績は機関銃を取り付けるために小型トラックの幌を外すクッソめんどくさい作業をやらなくていいことだと思う。

エンジンをかけた時の音量は結構うるさい。これ以上重装甲or高火力な車両だと車内会話にヘッドセットがいるギリギリのレベル。

こいつはクーラーがあるので夏冬どちらも快適。機材保護のためだぞ?人間のためじゃないぞ?

スタックした時にも安心なデフやローギアなど、オフロードを走るための装備は充実…しかし車重が重いので一回スタックすると脱出は絶望的。「あ、ここやばそう」と思ったらとりあえずローギアに入れるとだいたい何とか突破できる。

富士演習場を時速やわkm/h超で4輪滑らせつつ下ったのはいい思い出。重くて速度も落ちねーよ。

遠方での作戦にも自走で行けるようにETCが後付けされていたので多分電装系はふつう?

シートのリクライニングはそこらの軽自動車よりも余裕をもってリクライニング出来る。まぁ装備でガッチガチな人間が乗るためなんだけど。

操縦手の左隣、つまりシートベルトのメス側設置位置あたりにちょうどペットボトルや350m缶がちょうど入りそうなスペースがある。しかしエンジンの熱が伝わってきて高温になるので飲み物は温まる。レッドブルがアツアツになりました(半ギレ)

 

諸元、写真出展元 陸上自衛隊flickerより

 

こんな感じ。

他にも写真があるのでこちらからどうぞ

YBR250、ブレーキパッド交換

バイク

新車購入時からの1年点検時にブレーキパッドの交換をお勧めされた。

今年の目標は「簡単な整備は自分でやろう」だが足回りは怖いので2017年最初の整備はYSPに丸投げ。

もってあと3000kmでしょう、ということだったので2000km程走ったところで交換。古いブレーキパッドは↓。

f:id:yujaaran:20170131225708j:plain

もうちょい近づくとピンボケしてわかりづらいが…

f:id:yujaaran:20170131225925j:plain

爪で溝をひっかいて汚れを掻き出して見てみると目視で残りの溝が0.5㎜ぐらい。結構ギリだな。

型番は「4S5-W0045-00」。YSP経由で4946円、モノタロウでも4580円、amazonの汎用っぽいものは1280円。

14326km走行で交換となったので今のペースで走ると10ヶ月弱ぐらいで交換かな。

房総を彷徨う話。(濃溝の滝)

ツーリング バイク

先週のツーリングでは滝が見れなかったためリトライ!

 

まずは高滝湖に到着。

f:id:yujaaran:20170125201520j:plain

近くにダム、そしてマッ缶公園がある。ここは釣り人がよく使う駐車場だった。

一回目の休憩だが妙に寒いなーと感じた。(最高気温8℃、最低気温0℃)

 

お昼は養老渓谷やまびこセンターにてキノコ入りコロッケを食べる。

f:id:yujaaran:20170125201521j:plain

f:id:yujaaran:20170125201522j:plain

休日は混むのだろうが平日なのでガラガラ。

f:id:yujaaran:20170125201523j:plain

コロッケ定食(850円)。

キノコの味が効いてるからソース要らないよ!とのこと。実際うまい。

 

養老渓谷のほっそい道に入ってみた。終始こんな感じの落ち葉交じりの道だった。

f:id:yujaaran:20170125201524j:plain

 

濃溝の滝に到着…したのだが混んでいるので撤退。

f:id:yujaaran:20170125201526j:plain

 

マッ缶公園にて。

f:id:yujaaran:20170125201528j:plain

今回はあたたか~いは売り切れになっていなかった。

しかし異様に冷える。マッ缶の温かさがよくわからない。

f:id:yujaaran:20170125201529j:plain

f:id:yujaaran:20170125201530j:plain

綺麗なアマリング。

これ以上倒す勇気はないです。

 

帰宅後、風呂に入っても震えが止まらないので体温を測ってみたら38.9度。

そりゃ震えるわけだ…

自衛隊車両非装甲車インプレ

ミリタリー インプレ

2012年4月~2016年3月の間で操縦したことのある自衛隊車両(非装甲)のインプレ。

もし入隊する人がいるなら適性検査に引っかかることを期待しておこう。

 

 ・73式小型トラック

f:id:yujaaran:20170122231604j:plain

通称「小型」、「パジェロ」。

諸元

[全長]4.140m
[全幅]1.765m
[全高]1.970m
[車両重量]1,950kg
[積載量]440kg(6人)
[最高速度]135km/h
[出力]85kw(115PS)
[製作]三菱自動車工業

合計走行距離は1万kmちょい?「駐屯地内でちょっと荷物を運ぶ」とか「2人で遠征用具積んで遠出する」時に使われる車両。

幌を取って軽機関銃を装備できるがLAVが配備され始めたので基本的にやらない。

どこの部隊でも大型自動車免許を取った後に初めに運転することになるであろう車両なのでその軽さにビビる。

豊富なギア選択ができ、舗装路では2WD、演習場で4WD、もしも泥濘地にはまったらデフ効かせたりloに入れたりして何とか脱出できるすごいやつ。

これに自衛官が6人乗るとミッチミチになる、全然進まねぇ。基本的に2人で乗るもの。

 

・73式中型トラック

f:id:yujaaran:20170122231628j:plain

通称「中型」

[全長]5.490m

[全幅]2.220m
[全高]2.565m
[車両重量]3.040kg

[積載量]2.000kg
[最高速度]115km/h
[出力]125kw(170PS)

[制作]トヨタ自動車

走行距離は1000kmに満たないぐらい。「演習場に作業に行く」とか「4,5人の少人数グループを運ぶ」時に使われる。

荷台に木の板を取り付けて「これが座席だ!」という尻によろしくない仕様。後述する大型よりも悪路に突っ込む機会が多いので後部座席(木の板)の人間のケツは死ぬ。

荷台に様々な仕様を施した「専用用途仕様」があり、救急車になったりレーダー車になったりする。

よく運転したLAVよりも視界がいい&全幅が大差ないので気楽に運転出来た。

小型、大型と比べて幌の雨漏りが多い気がする。多分個体差。

 

・73式大型トラック

f:id:yujaaran:20170122231616j:plain

通称「大型」

[全長]7.150m
[全幅]2.485m
[全高]3.180m
[車両重量]8,490kg
[積載量]6000kg(22人)
[最高速度]105km/h
[出力]300ps(221kw)
[製作]いすゞ自動車

調べて分かったけどすっげー!コレ300PSじゃん!尚車重は考えないものとする。走行距離は駐屯地内を荷物運びでグルグル走り回った程度+自動車教習時。

見たまんま「大荷物、大量の人員を運ぶ」時に使う。

輸送科に配置されない限りこれで大型自動車免許(大型車は自衛隊用自動車に限る)を取る。

教習車使用が存在している。装備は一般の教習車と同じ。雑にクラッチをつないでも鬼トルクでエンストしないある意味教習では楽な奴。

部隊には相当古い個体ではない限りATのタイプが配備されているので安心だ!

これも荷台に木の板が生えただけの後部座席なのでケツが死ぬ…が後部座席に20人も詰め込むと男同士のケツが密着しあって下手にスカスカの中型に乗るよりも安定する。

一応M2重機関銃を取り付けて対空戦闘するためのオプションパーツが存在する。素直に自走高射機関砲もってこいよ。

 

諸元 出典元 陸上自衛隊HP(flicker)より引用