芋虫の如く

YBR250でどこかに行ったり、たまにサバゲーも行きます。

エアクリーナーを清掃する

走行距離37551km、オイルとオイルフィルターを交換しなくては…

と整備手帳を見返してみると定期点検時にオイルフィルターを触っていないことに気付く。

…定期点検とかで清掃するんだろうか?機能的に支障は出ていないのでそのままなんだろうか?気になったので清掃してみる。

ちなみにamazonやバイクアイテムを取り扱う通販、2りんかんパーツ検索、いずれも欠品。YBR250のエアクリーナーは湿式。

タオパオで中国から取り寄せるかYSPにお願いするしかないぞ。

 

・分解

f:id:yujaaran:20180617232055j:plain

車体再度のネジ2個(シートを外したら見えるタンク付近とタンデムステップから見上げた部分にある)を外す。

ちなみにこれは車体左側のカウル、エアクリーナーは右側です。

f:id:yujaaran:20180617232039j:plain

f:id:yujaaran:20180617232204j:plain

ネジを外したら突起でハマっているだけなので抜き取る。

f:id:yujaaran:20180617232311j:plain

ネジ4個を外したらエアクリーナーが見える。

 

・清掃

f:id:yujaaran:20180617232758j:plain

灯油を使ったり専用ケミカルがあったりするけど今回はお試しというかついでなので多めに買ったエンジンオイルで洗浄、塗布をする。

そういえば2りんかんの最安値オイルが変わった。

motul 3100 GOLD 4T」から2りんかんオリジナルブランドの「RS1 SYNTHETIC」になった。500km程走ったけどシフト感覚に特に変化を感じられない…

まぁ「化学合成・MA・10W40」と諸元が同じなら違いは分からないか。

f:id:yujaaran:20180617232409j:plain

これは特に定期点検で清掃とかはやってないんだな。

予想より綺麗。まともにエアクリ清掃したのは自衛隊のKLXなので比較対象がおかしいけど。

f:id:yujaaran:20180617232354j:plain

f:id:yujaaran:20180617232452j:plain

とりあえずもみ洗い。

直射日光下にアルミ皿でオイルを置いていたのですごく熱い。一瞬自分の手が天ぷらになるかと思った。

あとは絞って新しいエンジンオイルを浸しておしまい。

 

f:id:yujaaran:20180617232848j:plain

オイル交換ついでなので廃オイルと一緒に作業に使ったオイルを廃棄。

 

・感想

f:id:yujaaran:20180617232754j:plain

発進時、もしくはちょっと勢い良く減速した時にエンストする現象はだいぶ改善された。

なるほど、呼気系が悪かったのか。

オイルをしみこませる量が多かったのか駐車時にオイルが垂れてくるのでキムワイプで受け止める必要があった。2週間ぐらいで治まった。

ホントに塗るぐらいでよさそうですね…

 

(20180620 誤字があったのでちょこちょこ修正)

GIXXER/ジクサー(2017仕様)レンタルしてきた&インプレ

気になっているのでジクサーを借りてみた。

8時間レンタルで実際に乗ったのが6時間ほど、インプレもどきをしますよー。

 

・諸元(気になるところだけ)

シート高 785mm

装備重量 135kg

エンジン回り SOHC・2バルブ 154cc 56.0mm×62.9mm

出力・トルク 14ps/8000rpm 14n・m/6000rpm

タンク 12L

ミッション 5速

フレーム ダイヤモンドフレーム

ブレーキ 前後共に油圧式シングルディスク

 

・外観、装備

f:id:yujaaran:20180610213249j:plain

f:id:yujaaran:20180610213254j:plain

f:id:yujaaran:20180610213245j:plain

f:id:yujaaran:20180610213348j:plain

f:id:yujaaran:20180610213352j:plain

見慣れた軽2輪サイズとほぼ変わらない。ninja250slよりも大きいらしい。

f:id:yujaaran:20180610213338j:plain

身長167kg、体重57kg、股下72㎝がまたがるとこうなる。(安全靴を履いているから身長はちょっと違う?)

モーターサイクルショーでまたがってきた軽2輪ネイキッドと変わらない感覚。

 

f:id:yujaaran:20180610213839j:plain

センタースタンド搭載

「パイプ組み合わせました!」みたいな外観。車重的に問題無し。

 

f:id:yujaaran:20180610213843j:plain

タンデムステップ

みんカラにて「デイトナ製キャリアを取り付けた際の追加ステー取り付け場所」として使われていた。

なるほど、人間の体重を支える場所ならある程度の無茶が利くのか…

 

f:id:yujaaran:20180610213423j:plain

ハンドル周り

メーターは速度、ギヤ、時計、燃料が固定表示。あと一枠はODO、TRIP1、TRIP2の選択式。

f:id:yujaaran:20180610213529j:plain

f:id:yujaaran:20180610213524j:plain

左右どちらもハンドルロックできる。

f:id:yujaaran:20180610213520j:plain

パッシング、ハイロー切り替え、ウインカー、クラクションのスイッチ配置。

ウインカーがちょっと幅が広い(?)。判定まで距離がある感じ。クリック感はしっかりあるのでウインカー付け忘れ、とかはない。

ミラーは歪みがあるので要交換。

f:id:yujaaran:20180610213516j:plain

グリップはちょっと硬いかな…

バーエンドはぶっ刺さっているだけのタイプ。

乗り方的にグリップ自体を変えればヘビーバーエンドはいらないかな?

 

f:id:yujaaran:20180610213441j:plain

f:id:yujaaran:20180610213445j:plain

タンクキャップは取れるタイプ。

ちなみにタンクは樹脂カバーでおおわれているらしいのでマグネットタイプのタンクバッグはつかない。

「レギュラー」の印字されたシールはレンタル819が油種違いを起こさないための処置なので気にしない。

 

f:id:yujaaran:20180610213436j:plain

f:id:yujaaran:20180610213708j:plain

f:id:yujaaran:20180610213705j:plain

スッカスカなエンジン回り。

これ250のエンジン積めるんじゃね?と思うが重さとのトレードオフなのでいらないかな…

あと配線がきれいというか丁寧。エンジン回りを清掃するときにケーブルぶっちぎらないようにする心配がないな。

 

f:id:yujaaran:20180610213656j:plain

f:id:yujaaran:20180610213700j:plain

シートは取れるタイプ。

座る面の写真は撮り忘れました…エッジがあるのでそこが食い込むかな?といった具合。

地面に置くとシートの皮部分が地面と接触するので手で持っています。洗車、メンテするときは置き方を考えないといけない。

 

f:id:yujaaran:20180610213740j:plain

工具は太いゴムで止めてあるだけ。単1電池ぐらいの太さじゃないと収まらない。

f:id:yujaaran:20180610213743j:plain

f:id:yujaaran:20180610213747j:plain

車載工具。

10、12、14、17のレンチ、プラグレンチ兼ドライバー固定具、プラスマイナスドライバー

普通じゃない?

 

f:id:yujaaran:20180610213755j:plain

シート下。

たばこひと箱入れたら終わりぐらいのスペースしかない。ETCも機種によっては入らないものもありそう。

f:id:yujaaran:20180610213751j:plain

車検証やレンタル819の書類が入っていたところはエアクリーナー直上。

物は置くな、とあるけどここぐらいしか入れるところがない…

サスペンションが見える。密閉されていないので積極的に物を置く場所じゃないぞ。

 

f:id:yujaaran:20180610213712j:plain

リアサス

 多分歯的には7段階中の4ぐらい?

f:id:yujaaran:20180610213513j:plain

ヘッドライトはH4、もしくはHS1。

12V35WのH4BSよりは暗い。

フロントフォークは41mm正立。ガッチリ。

 

・走った感じ(写真ごとに)

f:id:yujaaran:20180607220932j:plain

お台場のレンタル819にてバイク受領後、首都高→アクアライン→千葉県と走った。

125ccクラスの軽い車体にフロント100、リヤ140のタイヤなので直進性は高い(風には弱いので安定はしない)。

f:id:yujaaran:20180610213356j:plain

f:id:yujaaran:20180610213429j:plain

お目当てのブレーキ。

車重の軽さもあり効き始めからカチッと効く。

f:id:yujaaran:20180610213833j:plain

f:id:yujaaran:20180610213829j:plain

タイヤ諸元は フロント 100/80-17M/C 52S /  リヤ140/60R17M/C 63H

履いていたのはフロントがK275、リヤはK510。

前後とも同じ銘柄はできない。リヤがラジアルになった感想は…よくわかりません。

走行距離1万㎞手前の車体だったのでタイヤ交換直前か直後か不明。純正装着タイヤだけど妙に滑ることはなかった。

 

・燃費

f:id:yujaaran:20180610213909j:plain

ちょっと潰れてしまっている…

走行距離 183km

給油量 3.15L

平均燃費 58km/L

タンク容量を考えると696km無給油で走れる。

道中回したりしていたので燃費運転に努めれば60km/L越えも狙える。

 

・走った感じ(主観)

車両受領後、バイク屋から公道に手押しするときに軽さに笑う。

交差点2個目で取り回しの軽さに笑う。

完全に平たんな道ならクラッチワークのみのアイドリングで発進出来て楽すぎて笑う。

と振り回してよし、まったり走ってよしのドンピシャ(現状)バイクだ。

 

数字的な話をすると5速の時に

100km/h 7250rpm

70km/h 4800~5000rpm

60km/h 4000~4200rpm

とYBR250と比べても1割も回転数に違いがない。

代償は最高速度で、試してないけどぬぬえkm/hぐらいで頭打ちなんじゃないですかね…試してないけど。

パワーバンドは6000~8000rpm。

3速だと57km/h~72km/hぐらい。直線で抜いてきたマイルドヤンキーミニバンをカーブで突っつくにはちょうどいいぞ。

 

サスペンションに41mm正立フロントフォークと7段階リアサスを装備。

車体が軽いのもあってカシャカシャ動く足回り。1万㎞近く走っている個体なのでアタリは出ているはず、つまりこれがスズキの狙いかな?

乗り始めバイクにあるコツコツといった不快なサスの跳ね方ではないので落ち着いて走りたいときは5速でカーブに入れば問題なさそう。

 

風の直撃をくらうネイキッドスタイルだが膝、胸は意外と風が来ない。膝当たりなんてタンク側面に巻き込むような風の流れになっている。

スズキは軽2輪クラスでも風洞実験を行っていてその結果がチューリップと言われたGSR250S、ぼってりしたGSR250Fだ。

ジクサーもフルカウル仕様(国内正規未発売)のSFでは風洞実験済み、ともあればジクサーもその恩恵はある…のか?とにかく積み重なっていけば疲労はだいぶ違うはず。

 

褒めまくりなので欠点も話そう。

① 軽い

利点にもなるが欠点でもある。下道トコトコツーリングならいざ知らず、アクアラインの横風はもろに死ぬ。

② 圧倒的なパワーはない。

100km/h巡行は問題ない。上り坂でも十分維持できる。

しかしそこからの加速は排気量なりなので基本的には80~90km/h巡航でトラックやエゴカーだけ100km/hで抜いていくスタイルに落ち着く。

③ シート下収納の少なさ

軽量化のツケが走行性能以外の便利さに直撃した形。

たばこひと箱、もしくはコミネのヘルメットバッグタイプの停止表示板ぐらいしか入らない。いや、表示板はだいぶ押し込まなきゃ無理だな。

マシな工具とか落ちる心配なく書類を持ち運びたいならシートバッグ必須。

④ ミラーがゆがんでいる。

多分この価格帯の原2~軽2輪の宿命。PCXとかちょっと金のかかったバイクだと割としっかりしてるもん…

ステップ、グリップの次ぐらいにコストカットの代償になる部分だと思う。

番外 クラッチが滑る?

クラッチを切るときには何も感じないがつなぐとき、8割から9割ぐらいつながった時にクラッチが滑る気がする…?

走行距離1万㎞の車体なので個体差なのか不明。

 

 

 

総じて…ありだな。

YBR250の次を探す

f:id:yujaaran:20180607223535j:plain

YBR250に乗り始めて2年半、いろいろなところに行ったが自衛隊を辞めてから気楽にツーリングに出かけられるようになるとスタイルが変化、微妙に合わなくなってきた。

仕事も正社員登用に引っかかって3か月後ぐらいには引っ越すしここらでバイクを見直そう。

 

① 軽いバイクがいい

YBR250が車両重量154kg、キャリアを変えてるから160kgぐらいか。

軽2輪クラスで単気筒相手だと重く、2気筒相手だと軽い、そんな車重。

 

② リアディスクブレーキがいい

鳴るし効かないドラムブレーキはちょっと怖い。

スクーターとか実用一点張りのドラムとは違って効かない。

坂道でリアだけで止まった時に車体をゆすると傾斜に向かってズレる。平地だと大丈夫だから想定外の使い方だとは思う。

まぁ大型バイクに乗った時にハイパワーを慣れないディスクブレーキで止まろうものならコケそうなので慣れておきたい、というところも大きい。

 

③ 長距離も走りたい

ワンタンク500kmは走りたい。

人間はいつでも栄養補給できるけどガソリンはいつでも補給できるわけではないのだ。

とりあえずRV600が積めるぐらいのキャリアも必須だ。

 

こんな感じか。

引っ越しとかも考えると2か月ぐらいしかないな…

~SSTR2018~ 参加した結果

参加してきましたSSTR2018

 

・行

4:30頃スタート。

細かいことは考えない、とりあえず海岸線近くにバイクを停めて出発だ。

f:id:yujaaran:20180531234949j:plain

道路脇だと全然海が見えなかったのでバイクを手押しで寄せる。早朝散歩をしているカップルに怪しまれつつ撮影。

 

せっかく首都高を通るので停まってみた。普段素通りしちゃうから新鮮。

f:id:yujaaran:20180531234934j:plain

f:id:yujaaran:20180523230621p:plain

ルートは首都高を使って長野経由で日本海へ、そのままゴールを狙う。ところが

f:id:yujaaran:20180531235738p:plain

コースミス(1回目)

やっべ…ジャンクションで立体交差になっているとだいたい道を間違えるんだよ…

 

再度高速にコースイン。

f:id:yujaaran:20180531235121j:plain

f:id:yujaaran:20180531235729p:plain

SSTRゼッケンの力は偉大で追い越していくライダーたちからヤエーをたくさんもらう。

90km/h巡航なので基本的に左車線を置物のように走る。そして間違って新潟方面へ行くミスコース(2回目)。まぁ日本海側に出ればもう間違わないでしょ、とそのまま北進。

 

SA、PAでポイントを稼ぎつつカモンパーク新湊にて遅めのお昼(14:40)

f:id:yujaaran:20180531234919j:plain

たくさん食べると眠くなってしまうからおにぎりや饅頭をちょっとずつ食べていたのでそんなにおなかは減っていない。

しかし体力的にちょっときつかったので長めに休憩。富山県入りはしているのであとはまったりゴールを目指そう、プチオフ会もあるしな!

 

あとはウイニングランだぜ…!

f:id:yujaaran:20180531235103j:plain

f:id:yujaaran:20180531235617p:plain

f:id:yujaaran:20180531235746p:plain

17:30 たくさんの人から手を振られつつゴール!

可能な限り振り返したけど何故かタイミング悪く(良く?)集団の先頭になったので転ぶわけにはいかないのでビビりつつ前進。

 

よっしゃぁ!あとははてなブロガー探しだぜ!

MOSさん(id:Rustyman)よっしーさん(id:michimani)WERさん(id:WeekEndRider)のりまつさん(id:norimaz)、応援に来てくれたらしいよっしーさん(id:yoshi_701)、なにより「え、行くんですよね(意訳)」と誘ってくれたはやとぅさん(id:hayatOoooo)………これだけ集まってれば見つかるでしょ(楽観)

 

……

………ドコ?

twitter(ほぼ触っていない)を見た感じ何人かゴールしてるっぽいんだよなぁ。

f:id:yujaaran:20180531235330j:plain

しかしヤバい、エントリー後に宿を探したところ付近はほぼ全滅していたのでとりあえず宿なしで出発したので寝床を探さないと死ぬ。

運営が用意してくれた共用スペースは間違いなく宴で盛り上がっているはずなのでそっちも死ぬ。寝るどころじゃない。18:40、撤退開始。

次回はどうしよう、腕に養生テープを貼るはてブツースタイルで行く?

 

・帰

うどんを食べた後40kmほど南下してネカフェに滑り込み就寝…

ほかのはてブ参加者は事前準備編を見ると即帰宅スタイルだったのでせっかくなので閉会式を覗いていこう。

僕の流れは

 

① まず記念証をもらう。これは設定しておけば後日データでくれるらしい。

f:id:yujaaran:20180531235758j:plain

予定していたルートと大きくちがうね…

 

②地元文化を鑑賞。

太鼓でした。なんでも敵が攻めてきたときに太鼓を鳴らしながら夜襲を仕掛けて追い払ったらしい。

 

③風間深志さんをはじめとした関係者様の挨拶。

初めてご本人を見たけど風間さん、すごい情熱を持った人だなぁ。

 

④表彰式

受賞部門は

・最長距離(北、南)

・居住地最長距離(北、南)

・最高ポイント獲得

・最年長、最年少(運転手)

だったかな?

※重要

今回はポイント数を競うとは言っていなかったけど折角だから表彰しようよ、ということで表彰することにしたそうです。

しかしながら過剰なポイント獲得のための走行は自身だけではなく周りにも迷惑をかける恐れがあります、節度を持ったライディングをお願いします(うろ覚え)。といったことも言っていたので爆走厳禁。

※重要終わり

 

⑤抽選会→ライブ

この時点で11時。さすがに日曜日中に帰宅したかったのでこれ以上は厳しいと思い帰宅開始。

 

f:id:yujaaran:20180531235347j:plain

ネカフェ泊のための鞄だったり温度調節用の替えグローブなどを突っ込んだ箱。

この投げ売りされていた折り畳めるリュック、タナックス製なんだけどもう取り扱ってないんだね…

 

一気に高速を走り続け帰宅。

f:id:yujaaran:20180531235626j:plain

途中のPAにて。

ものすごい虫の数…月曜日は有給をとっておいたので洗車しました。

 

・了

なんだかんだ走りきれたSSTR。

「決まったゴールがあって、そこに知らない人同士が集まる」といった一体感は今までに体験したことがない物だった。

道中でも道の駅でお話したり無言のヤエーだったりと一つのお祭をみんなで作っている感じだ。

次回はルートミスがなければ狼煙も狙えることが判明したので積極的に狙っていきたい。

2日間総走行距離 1352.2km

給油ガソリン 33.78L

平均燃費 40.02km/L

SSTR2018計画

今度の土曜日は待ちに待ったSSTR2018!いろんな人が準備するっていうし僕も準備しなくっちゃ!

 

 

…SSTRシステムの操作確認位で後は荷造りしておしまいなんですよね…

というのも

f:id:yujaaran:20180523230621p:plain

これが僕の計画。

細かいルールは割愛するとして

日の出から日の入りまでに指定道の駅を一か所以上めぐって10ポイント集めてゴールしろ!

というルールをそのまんまルートにするとこうなる。

日の出から日の入りがだいたい14時間、少なめに見積もって12時間だとしてgooglemapの言う通りなら7時間、道中の道の駅やSAを拾っても9時間ぐらいでしょ?余裕じゃん。

上記は無理だと思っている。

自衛隊時代にきいた時間計画、「1時間での機動距離は一般道は30km、高速は60kmとして計算しろ」という教えがある。これはYBR250の動力性能的にほぼ一致する。

この考えで行くと

550km(走行距離)÷60km(道中の下道は無視)=9.16

9時間10分ほどだ。ここに休憩やポイント獲得を考えるとそれだけで10時間を超える。

高速道路をリミッターを越えようとする大型トラックと一緒になって走る芋虫ではこれがいっぱいいっぱい。道を間違えたらさらにギリギリだ。

細かいことは考えていてもしょうがない、あとはスタートしてゴールするだけだ。

他の参加者の方やはてなブロガーの人たちとゴールで会うことを楽しみにしています!

YBR250 プラグ交換実施 (20180422実施)

SSTR2018も無事エントリー完了、ゼッケンやルールブックが届いたので車体の方の準備を進めていこう。

 

2か月ほど前から発進時にクラッチをきった状態でアクセルをあおって3000回転ほどに上げようとするとエンストする事象が日帰りツーリング中に一回は起きるようになった。

バッテリーは年明けごろに交換したし何かな…と考えてみたらプラグじゃないか?と思いつく。

メンテナンスノートを見返すと前回交換は「2017年6月 20426km」だ。

1年はたっていないが

f:id:yujaaran:20180503224207j:plain

交換時点で33986km、13560km走っている。煤とかでカブり気味なのかも?

 

というわけで「NGK DR8EA」を準備して交換実施。

f:id:yujaaran:20180503224015j:plain

① プラグコードを外す。

プラグに対して垂直に引っこ抜くだけ。カチカチと手ごたえがある。

えぇ…新品プラグ見るとネジ山っぽく螺旋になっているんだけど本当に引っこ抜く以外に手段が無い。

マニュアルによるとカウルを外す必要があるんだけど外さなくても大丈夫。コードはいきなりすっぽ抜けるのでその時にカウルにブチあてて割らないようにだけ注意。

f:id:yujaaran:20180503224006j:plain

作業工程前にエアダスターでほこりやチリは吹き飛ばしています。

なるほど、中のでっぱりみたいなものがネジ山に引っかかっているだけなのね。

 

f:id:yujaaran:20180503224224j:plain

f:id:yujaaran:20180503224150j:plain

②プラグを外して新しいプラグを指す。(規定トルク17.5Nm)

車載工具がトルクレンチに付くと思っていたが…

f:id:yujaaran:20180503223957j:plain

全然つかない。

外すときは車載プラグレンチをプライヤーでつかんでまわしたけどつけるときはどうしようもない。とりあえずマニュアル通り「手締めしたところから1/4~1/2回転」で固定、

f:id:yujaaran:20180503224159j:plain

2りんかんにて工具購入。もう少し下調べしておくべきだったな。

 

③プラグコード取り付け。

写真撮り忘れ。

サイドスタンドで停めた状態で作業していたがプラグを指す向きが車体左から右向けなので何にも考えずにパワープレイすると車体倒すぞコレ。

外した時と同じクリック数だけ押し込んで取り付け完了。というかそれ以上入らない。

 

作業完了!

エンストは気持ち無くなった気がするぐらいで発生自体はある。気になるプラグの焼け具合は

f:id:yujaaran:20180503223938j:plain

なかなかいいんじゃない?

YBR250推奨プラグは「NGK DR8EA」。サイズだけ考えるならセロー系エンジンだと「DR◯EA」から選べばいい。

NGKのプラグ一覧からだと7、8、9があった。素人調べだと熱価(型番真ん中位にある数字)が小さいと低回転向け、大きいと高回転向け、ぐらいの認識。

適度に回したりロンツーしたり、となんでもやるなら8で大丈夫、ってことかな。

SSTR2018参戦

最近はてブ界隈でちょいちょいワードに上がってきている「SSTR」。

ざっくり説明すると

・正式名称は「サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー」

・冒険家、風間深志氏のダカールラリーの感動を味わってほしいという願いの元企画された。

・日の出とともに太平洋側からスタートして日の入りまでに石川県の千里浜なぎさドライブウェイを目指せ

 

なんかケツが割れそうなバイクとかハンドルがタンクより下にありそうなバイクで参加するとか言ってる人もいるし大丈夫でしょ、と参加決定。

犬吠埼からスタートするとナンボよ?

f:id:yujaaran:20180418233651p:plain

・540km・11時間55分

これ無理だぞ…

大会規定には「日の光が入って明るくなった空と海岸近くのバイク」の写真を提出せよ、とある。これは建築物などで日の出そのものが見えないところからスタートする場合の処置だ。

よし、我が千葉県のポートタワー付近からスタートしよう、ナンボよ?

f:id:yujaaran:20180418234144p:plain

・480km・10時間52分

………16日、月曜日に道の駅三芳村にフレンチトースト食べに行った時に8時間半で269km走行、1時間当たり31km走行だ。

f:id:yujaaran:20180418231122j:plain

空いている道+信号がない状態+無積載でこれだろ?

着替えなどを積載した状態でアベレージ45kmぐらいまで上げられるか?というと無理だ。

流石に長野県を越えるぐらいまでは高速道路で一気に移動してあとは最低限のポイントを集めて現地へ凸、ぐらいじゃないとたどり着け無さそうだな…

目標は「完走しつつ作ったはいいが机の上でほこりをかぶり始めた名刺をばらまく」ことだ。

ゴールで会おうぜ!あ、ボクのゼッケンは「2784」です。