芋虫の如く

YBR250でどこかに行ったり、たまにサバゲーも行きます。

オイル交換&フューエルワン投入(1回目)

タイトル通り。

12月中頃に定期点検があるのでオイルの交換はどうしようかな…と考えていたところに2りんかんから10%オフクーポンのメールが。

よっしゃ!11月末までのクーポンなのでオイル交換しちゃえ!

f:id:yujaaran:20171116231346j:plain

f:id:yujaaran:20171116231345j:plain

すぐに定期点検で交換するしいつものオイルでいいや、と思っていたらまさかの売り切れ。

量り売りオイルって在庫無くなるのか…常に新鮮(?)なオイルを提供するためかな?

f:id:yujaaran:20171116231347j:plain

いつもより黒くない。割り箸は落としたドレンボルトを救出するためのものです。

3000km超えると一気に黒くなるんだろうか。

今回はカストロールActiv4Tを入れた。エンジン停止時にも部品を保護するからコールドスタートでも傷つかないよ!という特徴があるらしい。

しかしフィルターを交換していないのと一回のオイル交換で全部のオイルが交換できるとは思えないのでギヤの入りに差は感じられなかった。新しいオイル特有の軽さはあるんだけれどもそれはどんなオイルでも同じでしょう、多分。

 

f:id:yujaaran:20171116231348j:plain

お楽しみのフューエルワンを投入。

フューエルワンの解説…というか芋虫の認識は「ガソリンが通るところの煤をとるもの」ぐらいの認識。

エンジンをカチ回したりしているならカーボンなんか貯まることはないんだろうがYBRはそういうバイクじゃない、60km/hで走るために4000回転で走り続けるバイクだ。

週一でツーリングに行くとは言え通勤利用でスタート&ストップも多いので負担は大きいはず…もうすぐ3万kmだし。

フューエルワンの用法、用量は「タンク容量に対して1%」、YBR250のタンク容量は19.2Lなので1%というと192ml、計量が面倒なのと2回で使い切ったらわかりやすいのでは、ということで目分量で150mlを投入した。

 

f:id:yujaaran:20171116231350j:plain

f:id:yujaaran:20171116231352j:plain

f:id:yujaaran:20171116231353j:plain

何も考えずにダムや道の駅を走り170km、通勤で130km程走って307km走行。

7.01L給油したので燃費は43km/L、ツーリング使用と違いは見られない。

6日目にしてなんとなくだが2500~3000回転がスムーズになったように思う。

今まで信号や前者の停止などでギヤ操作をさぼって5速のままクラッチで速度を調整して2500回転から加速しようとすると若干もたつく感じがあったがそれが解消された。

普段は3速ぐらいに落として速度とギヤを合わせるのでなかなか起きない現象、しかし低回転から高回転へスムーズにつながること自体はいいことだ。

次回の給油時に残りを投入して経過を見ようと思う。

PCX125慣らしツーリング(20171030の話)

友人がPCX125を購入したので慣らしツーリングへ。

先輩も誘ってこのブログ初の「芋虫企画、芋虫先導」のツーリングとなる。

とりあえず日帰りで300㎞ぐらいイケるでしょ、という友人。原付を乗り回していたとはいえお勧めできないので200kmほどの距離に縮小。

集合地点からだいたい100kmの位置にあるビンゴバーガーを目的地とし、来た道をそのまま帰る簡単ツーリングだ!

 

9時ごろに集合(市原2りんかん前のラウンドワン)。道を間違えなければ(フラグ)12時半にはビンゴバーガーに着くぞ。

f:id:yujaaran:20171105222025j:plain

写真中央が今回の主役PCX。今後いじって行く予定らしい…

奥のフュージョンは足回りから吸気系まで一式いじっていてある意味本気仕様だ。

 

f:id:yujaaran:20171105222029p:plain

………千葉県内陸の410号だか409号だか忘れたが「まったり南下できる道」の入り口を通り過ぎる痛恨のミス。

まぁ今回はスマホを腕に取り付けるバンドを装着しているのでナビが使えるので復帰も簡単だぜ!

 

f:id:yujaaran:20171105222030p:plain

台風後のウェット路面&フュージョンのセンスタを擦りかねない道を案内される。YBR的にはこういう道は大好物だが今回は新車とローダウン車両が随伴している、無茶はできない。

とりあえず道路わきによくある自動販売機のある休憩スポット的なところで作戦会議。

① 元来た道を帰って当初曲がる予定だった道への復帰は非常に手間がかかる(交通量の多い道だとフュージョンがUターンできない)

② あんまり遅いと肉がなくなってバーガーショップが閉まる。

という情報からゆっくりと案内通りに走ることに。

 

f:id:yujaaran:20171105222027j:plain

f:id:yujaaran:20171105222026j:plain

予定より少し遅れること13時、無事到着。苦労して着いた後のバーガーはうまいなぁ…

食べつつ帰宅ルートを検討…距離はちょっとかさむが東京湾側へでて千葉方面に北上する一番簡単なルートをとることに。

 

f:id:yujaaran:20171105222031p:plain

木更津~千葉間の国道16号って舗装がやたら悪い箇所があるよね…

f:id:yujaaran:20171105222028j:plain

コンビニ休憩をはさみ解散地点の市原2りんかんに到着。

PCXのトランクルームに入るジェッペルが欲しいらしくメットをいろいろ手に取っていた。

和光2りんかんがPCXカスタムが盛んらしいけどどれぐらいいじるつもりなんだろうか…

 

一日走って240km程。

…あらかじめ友人にどれぐらいの速度で走ればいいか聞いておいたので市街地&直線では問題なかったけど山間部はちょっと厳しかっただろうなぁ…

制限速度弱ぐらいまで速度を落としていたとはいえ第2ルートの確認も必要だったな。

次回先導するようなことがあればもう少し考えておこう…

「キンコーズ」にて名刺を作ってみた

タイトル通り。

マスツーに参加しているとたまに「名刺交換」をしているところを見る。

毎回「俺もつくろっかなー」と考えはするがなかなかタイミングをつかめず…

しかし、はてブツー(中止になりました、残念。)開催という絶好の機会を得たため勢いで作ることにしたぞ!

 

・準備したもの

写真(スマホ撮影)

はてブとtwtterのQRコードを画像化したアイコン(.png)

 上記のデータの入ったSDカード(多分USBでもOK)

こういうレイアウトにしたい、というラフ(美術2)

 

・手順

① 印刷屋(キンコーズ)へ凸。

② 受付の人に「オフ会で配る名刺を作りたい。」と注文。

③ ラフとデータを差し出してレイアウトの打ち合わせ。

④ 仮印刷が出来上がる(通常は1日待つので後日来店)※今回は非常にシンプルだったのでその場で10分ほど待っていたら出来上がった。

⑤ 仮印刷に問題がなければ本印刷。枚数がある&しっかりとした紙に印刷するので1日かかる。

⑥ 次の日以降来店して名刺購入!

 

ラフは

f:id:yujaaran:20171017233616j:plain

こんなレベルでいい。相手はプロだ、予想通りのものを出してくる。

SDカード内の「この写真がいい!」というデータ名以外にも「素材用」というフォルダに別データを入れておくと安心。

ちなみにこんなラフがなくても店頭で専用の下書きシートを出してくれるのでその気になればスマホ一つで印刷できるぞ!

 

・お値段

ホームページ料金表を見て店頭下見時に入手したパンフを見てもよくわからなかったのでとりあえず1万円握りしめて店頭へ。内訳は

カラー印刷…2800×2(両面)=5600

ロゴ(QRコード部分)入れ…500×2=1000

カラー写真入れ(上記のカラー印刷とは別)…500×2(両面)=1000

カラー名刺50枚新規印刷代…3000×2(両面)=6000

計13600円×消費税=14688

14688円!?(一枚当たり294円)

仮印刷時に判明したこのお値段、言い出した手前引っ込めるのは性に合わないのでカード払いだ!…と思ったら引き取り時のお支払いがほとんどだそうだ。

カード払いで大きな数字が消えると不安な小市民です。

 

f:id:yujaaran:20171017233617j:plain

そんなわけで出来上がった名刺、早速渡す機会が遠のいて名刺ケースともども埃をかぶりそうです…

 

(20171022 印刷枚数、一枚当たりの単価追記)

ずんだサイダーを飲みに行くだけツーリング

9月25日を有給使って3連休にしたのでキャンプに行こう!

……と思っていたが行きたいところがクマ出没&バイクを降りた後の歩行距離が往復20kmから40kmへ増加したためキャンプへの意欲がそがれる、どうするよ俺。土曜日は雨で一日家にいたしさ。

 

そうだ!クソマズご当地ドリンクずんだサイダーを飲みに行こう!

というわけでRVBOX400に寝袋と着替えと合羽を積んで東北へ出発だ!

 

・1日目

f:id:yujaaran:20170927223304p:plain

ヒュンダイって日本から撤退したんだけど今現在も乗用車のオーナーは無償点検実施&スノータイヤ(北海道のみ)とワイパーブレード(全国)は無償交換してくれるらしい。年一でオイル交換もしてくれるんなら覇権だったかもね。

f:id:yujaaran:20170926230853j:plain

千葉県より北に行くとよく見かけるにんたまラーメンにて昼食。

なんか最近身体がにんにくを欲してるよぉ…

f:id:yujaaran:20170926230854j:plain

国道6号をひたすら北上しているといわき市ちょい前ぐらいで2輪交通規制の表記確認。

出発したのが日曜の11時ごろ、写真の電光掲示板のところまで行ったのが18時前だったのでいわき市に入ったあたりで適当にネカフェでも探そう。野宿できそうな場所はなかった。

 

・2日目

f:id:yujaaran:20170926230856j:plain

千葉~いわきのネカフェまで245km。

下道オンリーで休憩除くと6時間ちょい走っていたので結構いいペースだ。

 

f:id:yujaaran:20170926230858j:plain

f:id:yujaaran:20170926230857j:plain

朝風呂。シャワーがないタイプのネカフェだったのでスッキリしてからずんだサイダー探しに臨みたかった。

こう…地元住民も使うような温泉の方が好きだ。

 

f:id:yujaaran:20170926230859j:plain

………目に見えた道の駅に入りながら福島県をじりじり北上し、

f:id:yujaaran:20170926230900j:plain

高速SAの一般入り口ものぞいてみたが、

f:id:yujaaran:20170926230903j:plain

月曜日の16時には宮城に入ったところの道の駅まで入ったが見つからず…

流石に高速を突っ走って帰宅しても20時は回るペースなので残念だが帰ろう。ずんだ温麵はあったのでお土産に確保。

415km走ってYBR250のスペック的には給油無しで帰宅できるが万一高速道路上でガス欠になったら命の危険があるので給油しよう。

9.39L給油したので平均燃費は44km/Lだ。

f:id:yujaaran:20170926230904j:plain

途中のSAで雨に降られる。

このときシャドウ(?)に乗っていた男性とは次のSAでも出会ったのでちょいと話した。

首都高~自宅間に休憩するポイントがないので首都高手前の浦和SAで軽食休憩しよう。

 

 

 

f:id:yujaaran:20170926230905j:plain

!?

ええ…なんで途中のSAにまったく無かったずんだサイダーが埼玉にあるのさ…東京のアンテナショップとかならわかるんだけどこれは完全に予想外だよ…

しかし念願のずんだサイダーだ。早速飲んでみよう。

 

なんだ風味豆っp…なんだこれ。

冷えているからなのか優しい甘さがのどを通り、「意外といけるぞコレ」と思った次の瞬間、喉の奥から上がってくるずんだの風味。

これだけならちょっと人を選ぶサイダーだが問題はぬるくなってきてからだ。

スマホをいじったりどら焼きを食べたりして5分ほどたってから飲んでみるとさっきよりもずんだの風味が広がってくる。香りも強くなる。

常温で飲もうものなら多分一口のんで満足するレベル(端的に言うとマズイ)。お土産に持って帰る場合は気を付けよう!

 

・まとめ

ずんだサイダー、関東近辺の人は浦和SAまで。

ぶっちゃけamazonでも売っているのでそっちの方が手っ取り早いよ!

冷たい状態だと結構好きな部類に入る。ただしぬるくなったら…

胸部プロテクタをpoidesignのBLACK-STDに替えました。

実家に帰ってきてからバイクに乗るときに使うようになったSK-629。

1年ほどほど使って気づいたが固定用のバックルが左脇にしかないので左右で肩ひもの長さが変わってくる。

片側だけゴムが伸びていくのがなんとなく嫌だったのと先輩がハマーに追突されて背中強打(ケガ有、後遺症無し)していたので背中付きのプロテクタ購入を決意。

実際購入したのは6月半ば、3か月ほど使ってみての感想だ。

 

・BODY PROTECTOR "BLACK-STD"

f:id:yujaaran:20170915223358j:plain

f:id:yujaaran:20170915223359j:plain

見た目通りの「プレート」。

両脇に大きなバックルがあるので装備しやすい。

f:id:yujaaran:20170915223400j:plain

f:id:yujaaran:20170915223401j:plain

背中は関節が入っているのか曲がる。気分よく走るときに前傾姿勢をとっても干渉しない。

手を後ろで組んで伸びの体勢は取れない。まぁこれはだいたいの背部プロテクタでそうだと思う。

 

コミネのSK-688とどちらにするか悩んだが薄さと装備しやすさからこちらを選んだ。

ガチガチのアーマー感は好きだったんだけど常用するとなるとホムセン箱の上にネットで括り付けて置いたりロッカーに入れることを考えると選考落ちだった。

…インナーニープロテクターもいいなぁ。

ハードプロテクタだとタンクに傷が入りそうなんだよね。

Motul3100GOLD4Tとヤマルーブスポーツの比較(感覚派)

f:id:yujaaran:20170907232434j:plain

前回オイル交換をしたのが6月20日、それから3000kmを走ったので交換実施。

f:id:yujaaran:20170907232436j:plain

9月5日に交換したので2か月半か…

自分でオイル交換をするときは「Motul3100GOLD4T」、YSPで定期点検時の交

換では「ヤマルーブスポーツ」を入れていた。どちらも10W40。

なんとなく違いがあることがわかってきたので簡単に記しておく。

使用バイクはYBR250、パワーバンドが6500~7500回転のエンジンに対し気分よく走っているときに6000回転、下道だと5000回転で巡航しているのであんまり回していない。

片道15km弱の通勤、休日の150~250kmぐらいの日帰りツーリングに乗る。

化学合成と部分合成の違いについては「分子単位で混ぜたのと天然素材が入ってるかの違いでしょ?性能はよくわかんないです」ぐらいの認識。

 

・Motul3100GOLD4T

化学合成、2りんかんのオイル量り売りで一番安い。

走行距離が3000km付近になると2速から3速への変速時に気持ち回し気味(5000回転を一瞬超えるぐらい)にしないとスムーズに入らない。まったり加速していくときにちょっと違和感。

それまではカチカチとギアが入っていく感覚。

 

・ヤマルーブスポーツ

部分合成油、YSPでオイル交換すると特に指定しなければこれなのでは?

オイル交換を考える3000km付近でも回転をあおり気味にする必要はない。

スムーズにギアが入るといえば入るのだがグリュグリュしている気がする(感想には個人差があります)。

 

個人的には3100の方が好みだな。ギアを変えた時にちょっと盛り上がる。

鋸山登ってきた。

9月の終わりごろにキャンプしてそこで山を歩く予定があるので今現在どれぐらい歩けるのか確認しよう、ということで8/29、千葉県が誇る鋸山に登ってきた。

 

・道具準備

f:id:yujaaran:20170901225717j:plain

長袖長ズボン手袋防止は必須として山岳部時代は使ったことのなかったアンダーウェア導入。

ユニクロのエアリズムインナーボトムスだ。これは必須アイテムといっていいぐらいに楽だった。

塩分、ミネラル補給用に塩分タブレット。しょっぱさを感じないときは脱水症状の恐れがあるので休息をとる。(本当は経口補水液で判断したほうがいい)

f:id:yujaaran:20170901225718j:plain

写真中央にあるのは免許証ケースだ。はてブツーリング時に作った緊急連絡カードも入っている。

肌身離さず持ち歩くため汗などで滲まないようにラップでくるんで簡易に防水処置を実施。

 

・いざ鋸山

f:id:yujaaran:20170901225720j:plain

0900に家を出て一気に南下、かぢや旅館にバイクを停める。有料だが鋸山登山者に駐車場を貸してくれている。

日帰り温泉も利用できるが現在は工事中につき利用できなかった。

f:id:yujaaran:20170901225721j:plain

旅館にて地図を入手。

付近の観光案内所にも同じような地図があるので朝早めに山付近に行けば手ぶらでも十分に登ることができると思う。

今回のルートは地図中央のかぢや旅館に一番近い登山道から安兵衛井戸と沢コースを登り尾根沿いに石切り場を通過、ふれあいコースで下山する。

3時間弱の行程なので休憩含んで4時間弱ぐらいかな…

f:id:yujaaran:20170901225724j:plain

f:id:yujaaran:20170901225725j:plain

f:id:yujaaran:20170901225726j:plain

f:id:yujaaran:20170901225727j:plain

井戸沢コースは鋸山で最も難しいコースらしいので登りに選択。下山は簡単なルートを通り、万一途中でリタイアするときの経路を確保する。

前日が晴れていたのでところどころぬかるんでいるぐらいでトレッキングシューズ+指抜きグローブ程度で登ることができた。

途中、雨裂なのか道なのかわからないところがあるが少し遠くを見ると目印の赤や白のテープがある。生い茂ってテープが見えない&劣化による損失でテープが見当たらない場所もあったので苔が剥げている石を探す必要もある。

f:id:yujaaran:20170901225728j:plain

f:id:yujaaran:20170901225731j:plain

f:id:yujaaran:20170901225732j:plain

東の方、尾根に到着。12時を過ぎていたのと50分が経過していたので大休止。

湯沸かししてカップラーメンを食すには暑い…のでやめた。おにぎりは海苔をまくときに直に触れる必要があるので衛生的に食べられそうなパンだ。意味があるかは不明。

f:id:yujaaran:20170901225733j:plain

風が吹くたびに大量に落ちてくる種子っぽい物。

小学生ぐらいの時に習ったけどこうやって生息範囲を広げるのか、と納得。

f:id:yujaaran:20170901225734j:plain

f:id:yujaaran:20170901225735j:plain

大休止後、30分もしないで鋸山山頂に到着。

f:id:yujaaran:20170901225736j:plain

水準点を見るとテンション上がりません?

石切り場を目指す途中、

f:id:yujaaran:20170901225740j:plain

東京湾を望む展望台」の表記があるので寄り道。

f:id:yujaaran:20170901225742j:plain

ガスっていて丸くは見えないな…

下山後に寄ったカフェ店員によると空気が澄んでいればスカイツリーや富士山も見ることができるそうだ。

f:id:yujaaran:20170901225745j:plain

石切り場に行く途中、横穴を見つける。

なんかこう…ダンジョン感があってワクワクする。

f:id:yujaaran:20170901225752j:plain

f:id:yujaaran:20170901225753j:plain

f:id:yujaaran:20170901225754j:plain

f:id:yujaaran:20170901225756j:plain

石切り場本拠地。

洞穴のようにくりぬかれているところは霧ができるほどに涼しい。

「大きく加工された一点物の石」としてみるとスケール感に圧倒される。

f:id:yujaaran:20170901225757j:plain

f:id:yujaaran:20170901225758j:plain

石切り場前の広場で小休憩。

アンダーウェアのおかげで肌がズボンに張り付かずにスムーズな足さばきができる。

f:id:yujaaran:20170901225802j:plain

ふれあいコースで下山。

意外と急な階段が続くので登りとして選択すると単調さで辛くなりそう。

 

登山開始から下山完了まで休憩含めて2時間半の行程。

懸念されていたほど登り方を忘れていなかったのでキャンプ行軍も大丈夫そうだ。

 

・温泉にはいりたい。

キャンプ時は特に頭から水をかぶって汗を流す…なんてことが可能なぐらいの立地のところに行くつもりだが今回は割と人の目があるので厳しい。というわけで温泉だ!

しかしバイクを停めた旅館の温泉は使用不可、どうしよう…と頭だけ汗を流してちょいとバイクで走っていると

f:id:yujaaran:20170901225805j:plain

なんか発見。

ここも温泉が止まっているのでミント風呂のみ&時間制で男女交代になっているため20分ほど待たないと男性が入れない、ということだったが待つことに。

f:id:yujaaran:20170901225804j:plain

待っている間にカフェオレを頼み店員さんと談笑…ここで鋸山のいろんなお話(上記でちょいちょい挙げていること)を聞いた。

しっかし3年ぶりぐらいに喫茶店っぽいところで一服したなぁ…

 

f:id:yujaaran:20170901225807j:plain

そんなこんなで帰宅。

78km走った状態から250km表示だから170kmぐらい走った。

キャンプ後に即時帰宅する予定なので今からもっと体力をつけねば…